価格

パッケージ料金プラン


LDAP Managerで管理するユーザー数に応じた基本パッケージを選択し、連携先ごとに必要なプラグインを選択してください。
必要な機能に絞った最適な価格でご利用いただけます。(下記費用には消費税は含まれておりません)

基本パッケージ料金プラン(例)
ユーザー数 初期費用 年間保守
50 500,000 100,000
2,000 2,180,000 436,000
無制限ユーザー 2,800,000 560,000
プラグイン料金プラン(例)
プラグイン 初期費用 年間保守
LDAP→AD反映(ドメイン単位) 800,000 160,000
LDAP→CSV出力(5フォーマット) 400,000 80,000
LDAP→Azure AD反映(テナント単位) 800,000 160,000

価格例

管理ユーザー数

50

連携先 CSV、AD
ユーザーメンテナンス方法 Web GUIのみ
品名 初期費用 年間保守
基本パッケージ 50ユーザーまで 500,000 100,000
LDAP→CSV出力 400,000 80,000
LDAP→AD反映 800,000 160,000
管理ユーザー数

4,000

連携先 CSV、AD×3、Azure AD、コマンド実行(API連携)
ユーザーメンテナンス方法 Web GUI 及び CSV
その他 IDライフサイクル管理、組織管理
品名 初期費用 年間保守
基本パッケージ 無制限ユーザー 2,800,000 560,000
CSV→LDAP反映 400,000 80,000
LDAPグループメンテナンス 400,000 80,000
LDAPセルフメンテナンス 400,000 80,000
LDAP→CSV出力 400,000 80,000
LDAP→AD反映×3 2,400,000 480,000
LDAP→Azure AD反映 800,000 160,000
Windowsコマンド実行 600,000 120,000

よくあるご質問


Microsoft 365のライセンスやサービスを制御することはできますか?

LDAP→Azure AD反映プラグインの機能でできます。ユーザーの連携と同時に、ライセンスの付与・変更・剥奪、サービスプランの割当・変更を行えます。

派遣社員の契約期間に応じて、ユーザーの無効化・削除を自動的に行うことはできますか?

LDAPセルフメンテナンスプラグインやその他プラグインの設定にて可能です。登録されたユーザーが派遣社員であるかどうかを自動判別し、無効日・削除日を自動設定できます。その他の条件でも柔軟にユーザーのライフサイクルを管理できます。

LDAP Manager をクラウド上で稼働させることはできますか?

AzureやAWSなどでの稼働実績が多数ございます。

改組や異動などの人事イベントに合わせて、多数ユーザーを一括してメンテナンスすることはできますか?

CSVファイルやDBからの一括インポートで対応できます。

エンタープライズID管理のことならLDAP Manager