ID管理機能

複数のクラウドサービスやオンプレミス
システムのユーザー情報を
まとめてメンテナンスできるID管理機能を備えています。

各システムのユーザー情報をタイムリーに
正しくメンテナンスできるので、
認証情報の正確さ、新鮮さを担保できます。


クラウドへのユーザープロビジョニング

Microsoft 365、Google Workspace、Adobe、cybozu.com、box、Dropboxへ、ユーザー情報やグループ情報を連携できます。

Microsoft 365とcybozu.comに対しては、ライセンスやサービスをユーザー単位で付与・剥奪することもできます。

Microsoft 365 マッピング設定
Microsoft 365 ライセンス設定
cybozu.com ライセンス設定

オンプレミスへのユーザープロビジョニング

オンプレミスのActive Directory、LDAP、データベース、CSVへユーザー情報やグループ情報を連携できます。Exticが管理するユーザー情報を引数として、コマンドを実行することもできます。まだまだオンプレミスで活躍するシステムのユーザー情報も、Exticでまとめて管理できます。

オンプレミスへの連携時には、Exticのユーザー情報を連携先に合わせて加工するマッピング関数が利用できます。 40以上のマッピング関数により、お客様の環境に合わせたきめ細かなユーザー情報の連携を設定できます。


IDのライフサイクル管理

IDには、入社や入学、退職や卒業といった人事イベントに合わせたライフサイクルが存在します。IDのライフサイクル管理は、統合ID管理の重要な要素の1つです。

Exticは、ユーザーの有効開始日、無効開始日、削除日をあらかじめ指定しておくことで、ユーザーの有効化、無効化、削除を自動で制御できます。不要なユーザーの削除漏れの防止や、ユーザーを事前に登録しておくことでスムーズな業務開始に備えるといった運用を実現できます。


一括・個別のメンテナンス

管理者用のWebコンソールでは、ユーザーを一人ずつ追加・更新・削除できます。

入学生の一括登録や人事異動における一斉更新など、大量のユーザーをまとめてメンテナンスしたい場合は、 CSVファイルに用意したデータを一括で取り込んで処理できます。

CSVファイルを取り込むインターフェースはAPIとして公開されていますので、お客様のシステムからCSVファイルを直接連携していただくことも可能です。


LDAP Manager連携

お客様がご利用中のLDAP Managerから、Exticへユーザー情報を連携できます。

クラウド利活用時代の
認証基盤はExtic