お知らせ

 
LDAP Manager® 新バージョン6リリースのお知らせ
2012年12月19日

弊社ID統合管理ツール「LDAP Manager」の新バージョン6をリリースいたしました。


初版 LDAP Manager について

2003年に初版をリリースして以来、年1回のバージョンアップによる機能強化を重ねてきた「LDAP Manager」は、2012年11月までに累計出荷本数が約360本(うち大学が150本)となり、ID統合管理製品の国内出荷本数シェアにおいて6年連続第1位という高いご評価をいただいております。

※ミック経済研究所「個人認証・アクセス管理型セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2012」2012年10月発刊によると、統合ID管理パッケージ出荷本数においてLDAP Managerは2007年から2012年にかけて6年連続で第1位となっています。


LDAP Manager 6 の特長

『LDAP Manager』は、クラウド連携として従来よりGoogle Mailへの連携機能を提供してまいりましたが、今回新たにサイボウズ社の企業クラウド基盤「cybozu.com」と、マイクロソフト社の新世代クラウドサービス「Microsoft Office 365」へのアカウント連携機能を追加しました。

サイボウズ社の「cybozu.com」では、「Garoon on cybozu.com」や「Office on cybozu.com」「kintone on cybozu.com」などの複数のサービスが、cybozu.comという共有基盤の上に提供されています。新プラグインはこの共有基盤に対してアカウント連携を行うため、cybozu.com上のすべてのサービスを統合ID管理システムの管理対象にすることが可能になります。

また Microsoft Office 365のアカウント管理機能では、ユーザ個別のライセンス形態を専用のWeb画面から1人ずつ設定しなければならないため、たとえば学生にOffice 365の利用を計画した大学では、限られた期間内での新入生登録作業において非常に手間と時間がかかってしまう懸念がありました。今回開発した「LDAP Manager 6」のOffice 365連携システムを利用することで、オンプレミス側にActive Directoryサーバを設置することなく、大量のユーザを一括処理することが実現できます。

この他にも、管理者用ツールの完全サーブレット化による操作性と視認性の向上、管理画面と利用可能ユーザの設定簡易化、マッピングのOn/Off設定など、『LDAP Manager 6』は統合ID管理システム構築と運用においてさらなる進化を遂げました。

※別途、サイオステクノロジー様のシステムインテグレーションが必要です。


LDAP Manager 6 で追加された主な機能
  1. cybozu.com、Office 365連携を追加
    従来のGoogle Mail連携に加えて、cybozu.comとOffice 365連携機能が追加され、クラウドサービスとの親和性がさらに高まりました。
  2. 管理者メンテナンスが完全サーブレット化
    ユーザメンテ、パスワードメンテ、グループメンテの全てが完全サーブレット化。操作性と情報の視認性の向上に加えて、動作に必要なネットワーク環境もシンプルになりました。
  3. 自動採番ID機能のサポートなど、ID統合管理運用機能の強化
    IDには特別な意味を持たせず登録時に自動的に採番し、ログイン時のIDはユーザとして馴染みのあるメールアドレスを使う、というような運用例も増えてきています。「LDAP Manager® 6」では、これに対応した自動採番機能や、マッピング設定のOn/Offなど、きめ細かい運用管理が可能になりました。
  4. PostgreSQL 9対応
    操作ログや管理者ポータル、IDワークフローで使用しているPostgreSQLの最新版 9.2を、全システムにおいてサポートしました。

エクスジェン・ネットワークスでは『LDAP Manager 6』のリリースにより、拡販を強化し、2013年度は60本の出荷を予定しています。