製品概要

リリース以来600法人を超える
圧倒的な導入実績

統合ID管理ツール
出荷本数
業種別
出荷比率

ユーザ情報を一元管理、
自動連携

多彩なインターフェースで、
ユーザ情報の
ライフサイクルをサポート

万全のセキュリティ対策

監査対応も、
適正に円滑に

純国産ソフトウェア

圧倒的な
コストパフォーマンス


組織のユーザ情報を
LDAPサーバーで統合管理する、
IDマネジメントツール。

LDAP Managerは、認証に特化した高速な検索性能に加え、柔軟な属性設定に対応可能なLDAPサーバを一元管理用のメタディレクトリサーバに据え、ユーザ情報統合の基本機能と豊富なメンテナンス用プログラム群を標準構成で提供する、セキュリティシステム構築のための運用管理ツールです。

メタディレクトリに集約されたユーザ情報は、プラグインオプションを通してActive DirectoryやRDB上のユーザ情報へ自動反映。LDAPに対しては、CSVファイルからの一括メンテナンス機能、利用者/管理者それぞれ専用のGUIからのリアルタイムメンテナンス機能を通じて情報を登録、これにパスワード期限切れ警告メール送信等の定期メンテナンスツールを加え、ID情報管理のあらゆる場面に対応が可能です。

製品カタログダウンロード

製品価格表ダウンロード

システムイメージ

主な機能

管理者機能

管理者はWEB画面で、ユーザやグループを1件ずつメンテナンスすることができます。利用者のパスワード忘却時等は、WEB画面で利用者のパスワードを強制変更することもできます。CSVやRDBからまとめてユーザ情報を取り込み、一括でメンテナンスすることも可能です。


利用者機能

利用者はWEB画面から、自分自身のパスワードを変更することが可能です。また、設定によって許可された任意の属性情報についても、メンテナンスすることができます。


ディレクトリ自動連携

管理者機能や利用者機能によってメンテナンスされたユーザ情報やグループ情報を、Active DirectoryやRDB、グループウェア等のさまざまなシステムに自動で連携できます。これにより、各システムのユーザ情報をLDAP Managerで一元管理することが可能になります。


属性マッピング

LDAP Managerでは、連携元と連携先のユーザ情報を「マッピング」という設定により紐付けを行うことで、ユーザ情報の連携を定義します。マッピングには専用の関数が豊富に用意されており、日付や条件分岐などの関数、文字列操作やデータ変換関数など用いることが可能です。マッピングの設定は管理者がGUIで行えますので、お客様の要件に応じたきめ細かな連携を、見た目もわかりやすく、実現することができます。


豊富なプラグイン

Active DirectoryやCSV、LDAP、RDB、各種グループウェアなど、連携先や連携元に応じた「プラグイン」を豊富にご用意。お客様のシステムに必要なプラグインだけをフレキシブルに選択できます。また、お客様が用意された外部スクリプトを呼び出せるプラグインもご用意しており、柔軟な連携設計が可能になります。

プラグイン一覧

IDライフサイクルの管理

ユーザ情報の有効化/無効化、アクセス権変更、削除といった処理を、組織異動、役職変更、退職など、その時のユーザのステータスに応じて制御することが可能です。セキュリティの要となるIDのライフサイクル管理を行うことができます。


その他の特徴

  • カスタマイズ開発の必要なく、設定によりさまざまなシステムへの連携を実現します。
  • 任意の属性値を暗号化でき、セキュリティを確保します。
  • プラグインの追加により、システム稼働後の拡張も容易になります。
  • その他、次のようなオプションがご利用いただけます。
    • 監査対応のためのログを採取可能な「操作ログ」
    • IDの申請に特化した「IDワークフロー」
    • 特権IDの貸し出し管理を行う「特権管理パック」
    • ID、パスワードの代理投入を行う「Password Assistant」

      SSO確認ツールで、Password Assistant の事前評価を行えます

      SSO確認ツール申し込み