苦しみに終止符を
打つ方法とは?
面倒なユーザ情報の
メンテナンス作業は、
全てID統合管理ツールに任せてしまう。
ハイ、それだけ。

ユーザ情報のメンテナンス作業は非常にセンシティブ。

毎年 必ず起こる新入社員採用や異動といった人事イベント。

企業のシステム部門は、このイベントのたびに社内システムのユーザIDやパスワードの付与・削除、アクセス権の付け替えといった、ユーザ情報のメンテナンス作業に追われます。

この作業、システム部門の業務負荷だけの問題ではありません。一歩誤まると企業にとって大変不利な状況を招きかねない、センシティブな作業なのです。

例えば…


ユーザID配布や権限付け替えの
遅れ

社員が社内システムを利用できなくなるなど、企業の生産性低下に直結。

権限付与の
誤り

システムが利用できず業務に支障を来したり、本来権限のないユーザが重要システムにアクセスできてしまう危険な状況を招くことも。

不要なユーザIDの
削除漏れ

社内システムの不正利用の元となる重大なセキュリティリスクです。さらにクラウドサービスの利用時など、無駄なユーザ課金コストを発生させることも。


システム部門の業務負荷の増大にマンパワーや運用努力で対応できますか?

今後社内システムの拡充やクラウドサービスの活用によって、ユーザ情報のメンテナンス作業範囲はますます拡がり、オペレーションはどんどん複雑化し、システム部門の業務負荷は今以上に増大します。

これまでのようにマンパワーや運用努力だけで、果たしてこの重要かつセンシティブな作業に、今後も迅速に、そして正確に対処できるでしょうか…?

企業の利益と安全のために、システム部門はもっと楽にならないとダメなのです。

  • これまで各システム毎に行ってきたメンテナンス作業を1カ所で。
  • 複雑なオペレーションはなるべく簡素化・自動化し、ミスを防ぐ。

ID統合管理ツールの導入こそがその最適解なのです。


今からでも遅くありません。さっそく統合ID管理を始めましょう。