ビビる自分を
励ます方法とは?
一般ユーザIDの身元を
きちんと担保しておけば、
特権IDの履歴管理も心配なし。
ID管理ツールがあれば安心です。

その特権ID、本当に使っていたのは誰なのか?

企業内に多数稼働しているサーバ群でのパッチ適用やサービスメンテナンス。これら重要な作業をセキュアに行うためには、各サーバでの特権IDの操作やログインの履歴を正しく管理する必要があります。

では、その特権ID、果たして本当は誰が使っていたのか…? 特権IDの利用記録だけでは、それが第三者による利用ではないことを担保することはできません。

情報漏えい等のセキュリティ事故で企業の命運が左右される現在、

  • 誰が
  • 誰の許可で
  • いつからいつまで
  • どの特権IDを使っていたか

を、確実に追跡できなければ、意味がありません。

そのためには、まず最初に「誰」を確実に把握・担保できることが必須です。統合ID管理ツール「LDAP Manager」なら、一般ユーザIDの身元を担保できます。

身元が担保されたユーザIDに対して、ワークフローを経由して特権IDを払い出す。こうすることで、「誰が」「誰の許可で」「いつからいつまで」「どの特権IDを使っていたか」を、確実に追跡できるようになります。

意味のある特権管理を行うためにまず最初に必要なこと。それは、「LDAP Manager」による 一般ユーザのID管理です。


ID統合管理ツールで、一般ユーザIDの身元を確実に担保しましょう。