製品概要

あなたの情報資産を守る
IDaaS
クラウドID管理サービス

ID管理の老舗メーカーが安心・安全なID管理、認証環境を提供します。


SAMLによるSSO対応

SAML2.0によるシングルサインオン(SSO)環境を実現します。お客様のアプリケーションが SAML2.0に対応していれば、SSO対象とすることが可能です。

Active DirectoryやLDAPとも連携

オンプレミスのActive DirectoryやLDAPとも連携可能です。また、オンプレミスのデータベースとの連携や CSVファイルへの出力も可能です。連携時にスクリプトなどへの実行が必要な場合は、オンプレミスのWindowsサーバーに対してコマンドを実行することも可能です。

学認IdP対応

各大学で構築が必要な学認用IdPの機能を Exticのサービスでご提供します。学認用IdPサーバーの構築が必要なく、運用コスト、メンテナンスコストが不要となります。学認参加の手続きも弊社でサポート致します。

IPアドレスによるアクセス制御

IPアドレスによるアクセス制御を実現します。また、IPアドレス制限機能とアクセス制御機能を組み合わせることにより、社内からと社外からのアクセス時の認証方式を分けることができます。社内からのアクセスはID/PWのみで認証させ、社外からのアクセスは多要素認証を必須にするなどで、より利便性とセキュリティの両面から考慮した制御が可能です。

多要素認証対応

現在、社外・学外からの認証時に多要素認証を必須とする運用が標準になりつつあります。Exticではソフトウェアトークンを用いたTOTP及びメールOTPに対応しており、また、近日中にFIDO2にも対応予定です。各アカウントのメールOTP用のメールアドレスは管理者でも設定可能なため、多要素認証を設定されていない新規アカウントであっても、ユーザーを社内・学内へ移動させることなく、多要素認証を使用可能にできます。

IDライフサイクルも実現

アカウントを自動的に有効化、無効化、また、物理的に削除する機能を提供しています。ユーザー毎に利用開始日、利用終了日を登録できるようにし、該当日がきたら、アカウントを自動的に有効、無効、または削除等ができ、管理者によるアカウントのメンテナンス漏れを防ぎます。アカウントの有効・無効の状態は、各種連携先に対しても自動で行われます。

画面イメージ
 

Exticを30日間無料でお試しいただけます

ID統合管理製品No.1*の当社が、その実績とノウハウを元に開発した、クラウド対応シングルサインオン製品 (IDaaS) Exticをぜひお試しください。法人様や教育機関、官公庁、地方自治体に限り、30日間無料でほぼ全ての機能をご利用いただけます。

Extic無料トライアル申し込み
製品カタログをダウンロードいただけます。

Exticをご検討のお客様に、製品カタログ(PDF)をご提供しています。以下のボタンからお申し込みください。

基本的なセキュリティへの取り組み
日本国内のリージョンで構築し運用しています。
Exticとの通信、およびパスワードデータなど機微な情報は暗号化しています。
定期的にセキュリティパッチ適用や第三者による脆弱性診断を実施しています。
24時間365日サービスを監視運用しています。
情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得

エクスジェン・ネットワークス株式会社は、統合ID管理クラウドサービス(Extic)の開発及び運用について、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得しています。認証登録番号:C2021-00786
また、ISMSクラウドセキュリティ認証(ISO/IEC 27017)についても審査を受け、適合の承認を得ています。

ISMS

※出典:富士キメラ総研「2019ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」(2019年11月刊)